正しい方法で安全にデトックス

オリジナル見出し01

便秘薬を使い続けると腸の内側が黒くなってしまうのです。

よく、便秘の人が飲み続けていると薬が効かなくなったので量を増やしたり、強めの薬に変えたりしますが、あまりに使いすぎるとこのような現象が腸の内部では起こっています。



デトックス目的で、むりやり大量に便秘薬を飲んだりする人もいますが、このような状態になるので危険です。



この現象は偽大腸メラノーシスと呼ばれるものですので、便秘薬の乱用をやめて、生活習慣を改善すれば自然治癒します。

そのため、必要な時だけ使用するのがポイントです。



腸はデトックスにとって、とても重要な器官ですので、このようなことで酷使せずに、本来の器官の動きをできるようにしてあげることが、慢性便秘の解消にもつながり、デトックス効果がアップします。



その効果を高めるには、やはり食生活の改善が必要です。



大腸にいる100兆個、1000種類以上もある腸内細菌には野菜などの食物繊維だけをエサとしているものがいます。

最近の研究ではその菌がからだにとって、とてもいい働きをしていることがわかってきています。



それはクロストリジウムを言われる細菌で、食物繊維を代謝して酪酸を産出するので、腸内環境を酸性に保つことができ、善玉菌を増やす役割をしてくれているのです。

もちろん、定番の乳酸菌やビフィズス菌などの摂取も必要になります。



その際には、自分に合ったヨーグルト選びをするようにし、1週間食べ続けてもおなかがグルグルいったり、あるいは何も変化がない場合にはほかの種類のヨーグルトを試してみて、自分の腸と相性のいいものをみつけて、デトックスをおこないます。



関連リンク

  • タイトル21

    便秘薬を使い続けると腸の内側が黒くなってしまうのです。よく、便秘の人が飲み続けていると薬が効かなくなったので量を増やしたり、強めの薬に変えたりしますが、あまりに使いすぎるとこのような現象が腸の内部では起こっています。...

  • タイトル22

    どんなにエクササイズをしてもマッサージをしても、脚に老廃物を溜め込みやすい生活をしていたら、いつまでたってもデトックス効果は上がってこないものです。そこで、そんな悪式習慣を改善しながら老廃物を溜め込まないためのデトックス習慣をつけることが大事になります。...